RECENT NEWS

 
2021年新年号 ご挨拶

 
明けましておめでとうございます。
昨年は年初からコロナ禍の勃発で、1年を経過し、現在も第三波の真っ只中で、予断を許さない状況です。ほぼ100年前(1918〜1920)にも同じようなH1N1亜型インフルエンザ 通称スペイン風邪では日本国内では45万人(当時の人口の約0.8%)の死者が出ています。今回と同じように途中でウィルスが変異したことに加え、第3波に至るまで政府は、イベントや営業の自粛、行動制限など流行拡大の予防策が後手に周り、人口の大部分が感染し、集団免疫を得るまで流行を止められませんでした。
今は、当時と比べると飛躍的に医療状況も進歩している筈ですが、現状は崩壊寸前です。専門家の人たちは当然過去からの教訓を学んでいるでしょうが、PDCで止まっており、最後のAの段階での、パンデミックを想定しての政府への提言や、対応設備、対処法のマニュアル化など自分の学者生命を賭けて、進言する人は居なかったのでしょうか。
地球環境全体の問題として、真剣に考えている政治家は居るのでしょうか。100年に一度の大災害、地震、津波、洪水、大雪、台風、皆想定外だったで済まされては、亡くなった人々の魂も浮かばれませんよね。

日本の報道の自由度は、先進国では最低、世界では67位に落ちており、今やすべての報道にバイアスが掛かっていますし、信用度は非常に低いものです。真実は殆ど裏に隠れており、今や自分で探しに行かねばなりません。政府は、専門家の意見では、と自分達の責任をすり替える発言を繰り返していますが、本末転倒と言わざるを得ません。
自助、共助、公助、?? おかしいでしょう、こんな時は、公助ファーストではないですか。
ペスト流行後、欧州が覇権を握りました、スペイン風邪後は米国が、このコロナ後は、中国が覇権を握ると言う見方があります。
たぶんその頃までは生きていないでしょうが、たとえ生きていても、そんな世界は見たくありませんね。

今年の新年のごあいさつは、例年と全く違ったものになりましたが、それほど今年のショックはあらゆるものに波及し、大きな影響を残したということで、来年は虎の如く、果敢にすべてに挑める年になればとの思いを込めて。
                                      Mike M Yamashita

 

2020/11/5
ものづくり助成金制度のご利用を考えてはいかがでしょうか。 
 

 
 
 

カテゴリ

コールドワーク

コールドワーク(ColdWork)とは、すでに製品になっている冷えたガラスを、更に加工して、創造的且つ付加価値の高い作品を作る分野の事です。主な技法に、ステンドグラス、ダル・ド・ヴェール、ラミネートガラス、サンドブラスト、エッチングなどがあります。

ウォームワーク

ウォームワーク(WarmWork)とは、炎を使わない熱源(電気炉)などを使用して、変形、溶解、溶着などの加工を行い、ガラスのカレット、フリット、パウダー、ガラス技、ガラス棒などを素材として使います。別名キルン(KilnWork)とも呼ばれます。

ランプワーク

ランプワーク(LampWork)とは、熱源としてランプの炎を昔は使っていたので、その名残りが今に引き継がれております。
現在では、主に卓上用のバーナー(トーチ)を使用して、ガラス棒やガラス管を変形、造形して新たな作品を作る分野のことを言います。バーナーワーク、フレイムワーク、トーチワークなどとも呼ばれています。

ホットワーク

ホットワーク(HotWork)とは、溶解炉で溶かしたガラスを宙吹きや流し込みの技法を使って、新たな作品を作る分野です。一般に吹きガラスの名前で知れ渡っています。

ネオンアート

ガラス工芸の各分野の技法を使い、先ず中空の作品を作ります。現在多く用いられている技法は、ランプワーク、吹きガラス、フュージングなどです。
中空の作品ができたら、真空装置に作品を取り付け、内部の空気を全て抜いて真空状態にします。
そして、ネオンガスやアルゴンガスなどの希少ガスを充填し、電極を取り付け、高電圧をかけることにより、光る作品を作ります。
ガラス工芸の中では比較的新しい分野です。

マシーナリー

ガラスは非常に硬い分質なので、切る、滑す、磨くなど最終加工を行うのにも手作業でやっていると(昔の人の苦労は大変なものだったと想像できますが)、非常に時間がかかり、とても非効率です。
現在では、多くの機械が出来ており、それらを使うことにより、本来の創造の方により集中できるようになりました。

2018年 
ホットワーク関連カタログ
カタログ名をクリックして開いてください。
閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。
2019年
マシナリーカタログ
2013年
ランプカタログ
2010年
キルンワーク カタログ